読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にしだまさあき

整体 瞑想 こども コミニケーション なつかしくてあたらしい衣食住

からだは水②

水流の他に、

水を濁らせる

大きな原因はなにか?

 

①言葉

②思考や感情

③食べ物

 

ーーーーーーー

 

①言葉

 

言葉は波動。バイブレーション。

水(からだ)はその影響を

ものすごく受けている。

 

いい言葉、悪い言葉で

水の結晶のかたちは

ミクロレベルで

驚くほど変化している。

 

きれいな結晶の水ほど健康的で、

良いこともたくさん巡ってくる。

 

いい言葉を口にしよう。

いい声で。

 

 

②思考や感情

 

ネガティヴな心の中のつぶやき。

頭の中の独り言。

「内的対話」ともいう。

これも波動。バイブレーション。

 

ネガティヴな思考や感情は

実は自分自身ではない!

 

ということに気づくこと。

すべては妄想。

過去の膨大な記憶の蓄積の中から

ただただ湧いてくるもの。

 

湧いてくる思考や感情のスパイラルに

巻き込まれず

ただ見つめて

手放してあげることで

水はきれいになる。クリアになる。

クリーニングしよう。

深呼吸しよう。 

 

 

③食べ物

 

とにもかくにもとりあえず

砂糖は強敵。

イライラしやすくもなる。

 

とにかく自然じゃないもの。

人工的な食べ物。

添加物、農薬、

遺伝子組み換え食品、、

知らず知らずのうちに

からだの水を汚して

影響を受けて

こころも汚れてしまう。

気がする。

 

 

キーワードは、水。

からだは水だ

というシンプルな

イメージを持つこと。 

 

でわ、またかきます。

 

 

 

 

からだは水

からだは水。

めぐりめぐり循環して

流れつづける水。

 

全身の何億何兆もの細胞に

必要な酸素や栄養を運び、

不必要な老廃物や

ゴミを回収している

水。water。

 

流れる水は澄んでいる。

流れのない水は濁ってゆく。

 

ひとのからだの約70%は水。

血液 リンパ液 脳脊髄液 体液

ほとんどが水。

 

どれもがいつも

よく流れていて

きれいであることが大切です。

 

筋肉は水流を促す

ポンプの役目。

血管は、水が流れるルート。

ホース。水路。

 

筋肉に疲労が溜まって

ねじれていたり

凝り固まっていると

ポンプ運動はできなくなり

ホースはねじれ、固まって狭くなり

水の流れが

じゃまされる。 

 

細胞たちに

必要な物資が届かず

不必要なものが

さらに溜まっていく。

 

だから筋肉をゆるめることは

ものすごく大切。

 

またかきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルイズベスト

こんにちは。

今日はいつも元気で冴えてて

余裕があって、ご機嫌なじぶんで
いるための

いっちばんシンプルな方法の提案です。


それはずばり、「減らす」こと。


・食べる量
・科学的/人工的な食品や薬品
・部屋の中に溢れてるモノたち
・人のうわさ話、悪口
スマホ、パソコン、テレビ
・刺激的な快楽(ドーパミン系の幸せ)

 

シンプルに、これらと
関わる時間を減らす。

 

無くていいものには
ちゃんと意志を持って、
じぶんから関わらない。

シャット!アウト。断捨離。

 

これだけで、かなり気分が変わる。
すると行動や発言が変わる。
すると人生は変わってく。

 

ストレスや疲労が溜まっていると

脳と身体は、バラバラになります。

 

本当は身体は欲してないのに、

食べてしまう。とか。

で、食べた後に後悔するとか。

ありますあります。

 

そこをぐっと少し、がまんしてみる。

そこを抜けると、心地よさが

ひらけてくる。

 

カオスな状態のときほど、
変化がわかるチャンス。


ぜひともやってみよー。

 

ではまたかきます。

 

 

 

 

 

 

瞑想について。

まず、個人的なことを。

「瞑想」に出会う以前の自分は、

ネガティブで、思い込みが激しくて、

情緒不安定で、イライラしてて、

塞ぎ込んでて、自己嫌悪が止まらない、

といった感じで。

 

今思えば、だははーと笑い飛ばせるけど

結構、当時(十代~二十代)は自分なりに大変だった。

 

もの静かで、感情を抑え込むタイプだったから、

外面は普通だけど、内面にはいつも葛藤があった。

当時は心の扱い方、原因も対策も、

なんにも知らないから、

ただこれが生まれ持った性格なんだと、思ってた。

 

今から約5年前に、とある先生から「瞑想」を教えてもらった。

わからないなりに続けていると、

じぶんの中のわだかまりがほどけるように、

ぼやけた視界がクリアになっていくように、

少しずつ、少しずつ、楽になっていった。

心の葛藤の原因は、すべて自分自身が作り出した

ただの「妄想」に過ぎないと

本当の意味で気づけるようになった。

 

それからずっと瞑想は、今でも

じぶんの心身(人生)を整える

日常の中でいちばん大切な習慣、ツールになっている。

いつでもどこでもできて、

なによりもシンプルで力強い。

 

昨年2016年は、「マインドフルネス元年」ともいわれ、

アメリカ式のマインドフルネス瞑想が

仕事のスキル・効率アップに効果が高いと

日本のビジネス界で、空前のブームになった。

 

でも一般のひとたちにはまだまだ広まってない気がする。

こんなに生きるのが楽になるのになー。

とほんとに切実に思う。

 

「瞑想」って口にすると、まず怪しまれる。笑

たしかに。わかる。

オウム真理教とか、ヤバい宗教のイメージが強いんだと思う。

瞑想にも、やはり流派というか、やり方があって。

心というデリケートな部分に直接作用するものだから、

やり方によっては危険があることも知った。

 

スピリチュアルな能力を手に入れるためのような

人里離れていくような瞑想よりも、

目の前の現実のせかいでじぶんを好きになって

まわりのひとたちと笑いあうための、瞑想。

じぶんを受け入れる・あいする瞑想。

 

それを志す所存でございます。楽しい。

こどもから老人まで、老若男女問わずおすすめだよーっと。

 

ではまた書きます。

 

にしだまさあき

 

 

 

 

 

 

 

お初です。

こんにちは。

これからじぶんが

様々な活動をしていくにあたり、

学んだこと、気づいたこと、

日々の出来事を

アウトプット&シェアする場として

装い新たにこのブログに、

こざっぱりと

綴っていきたいと思います。

 

僕は整体師として、

日々仕事をしています。

さまざまな代替医療や心理学、

瞑想、音楽、コミニケーション、

パーマカルチャー、

子育て、あたらしい衣食住について

非常に興味を持っています。

 

これから、

「じぶんをゆるめるボディワーク」(仮)と題して

こころとからだのセルフケアのクラスを

じぶんの大切なナリワイ、

ライフワークとして、

様々な場所で

開催していこうと思っている

次第でございます。

 

なぜそういう経緯に至ったか~などは、

またおいおい詳しく細かく

書いていこうと思います。

 

ものすごくシンプルに

コンパクトにいうと

人生とは、じぶんと向き合うということ

。だと感じています。

 

人生で巻き起こる

出来事、悩み、人間関係、

住む場所、食べているもの、身に着けているもの、

恋愛、お金、常識、じぶんの性格、じぶんの仕事、、など

あらゆるすべてのものは

じぶんから始まり、

他者や世界に映しだされ

そしてじぶんに還ってくるものだと

だんだんと考えるようになりました。

 

「まずじぶんをあいすることが、まわりやせかいを良くしていく。」

 

ぼくの敬愛するマーマーマガジン服部みれいさんの言葉です。

 

このシンプルで優しくて

力強いことばをお守りに、

じぶんのわくわくすることを

どんどこ始めていこうと思います。

 

ではでは、これからよろしくおねがいします!拝

 

にしだまさあき