にしだまさあき

整体 瞑想 こども 心理学 パーマカルチャー なつかしくてあたらしい衣食住

からだは水②

水流の他に、

水を濁らせる

大きな原因はなにか?

 

①言葉

②思考や感情

③食べ物

 

ーーーーーーー

 

①言葉

 

言葉は波動。バイブレーション。

水(からだ)はその影響を

ものすごく受けている。

 

いい言葉、悪い言葉で

水の結晶のかたちは

ミクロレベルで

驚くほど変化している。

 

きれいな結晶の水ほど健康的で、

良いこともたくさん巡ってくる。

 

いい言葉を口にしよう。

いい声で。

 

 

②思考や感情

 

ネガティヴな心の中のつぶやき。

頭の中の独り言。

「内的対話」ともいう。

これも波動。バイブレーション。

 

ネガティヴな思考や感情は

実は自分自身ではない!

 

ということに気づくこと。

すべては妄想。

過去の膨大な記憶の蓄積の中から

ただただ湧いてくるもの。

 

湧いてくる思考や感情のスパイラルに

巻き込まれず

ただ見つめて

手放してあげることで

水はきれいになる。クリアになる。

クリーニングしよう。

深呼吸しよう。 

 

 

③食べ物

 

とにもかくにもとりあえず

砂糖は強敵。

イライラしやすくもなる。

 

とにかく自然じゃないもの。

人工的な食べ物。

添加物、農薬、

遺伝子組み換え食品、、

知らず知らずのうちに

からだの水を汚して

影響を受けて

こころも汚れてしまう。

気がする。

 

 

キーワードは、水。

からだは水だ

というシンプルな

イメージを持つこと。 

 

でわ、またかきます。